やっぱり料金も重要!仮性包茎の料金比較について詳しく解説

男は、下半身に対する意識が強い生き物です。
特に陰茎に関しては小さかったら恥ずかしいといった意識があるものです。
それだけでなく、包茎になっている場合には恥ずかしいという気持ちが強くなります。
特に中学生から高校生ぐらいになると、少しずつ意識をし始めます。
そして18歳くらいになると、性行為をする人は包茎を意識し始めるでしょう。

仮に仮性包茎であっても、人に見られたくないと感じるようになるわけです。
この場合には、仮性包茎手術をしてみたほうが良いかもしれません。
特に生活に支障がないならば良いですが、見た目の悪さから手術をする人もいます。
ではこの時の料金はいくらかかるでしょうか。

比較的安い仮性包茎の手術は

仮性包茎の手術をする場合には、料金が気になる人も多いはずです。
仮性包茎の料金はクリニックによって様々ですが比較的安いところでは50,000円程度のところもあります。
50,000円程度のところは決して珍しいわけではなく、腕が悪いわけではありません。
ただし、安いところは可能性として考えられるのが、ツートンカラーになってしまうことです。
通常仮性包茎の手術はいらなくなった皮膚の1部を切ります。
この時手術をして保護するわけですが、色が変わってしまう可能性があるわけです。
もしそれが嫌ならば、100,000円位のものを利用した方が良いでしょう。

仮性包茎手術の料金は、高いものだと200,000円位になります。
それぐらいの料金になると、傷跡がほとんど目立ちません。
医者の腕前もあるかもしれませんが、手術方法次第で目立たなくすることができるわけです。
例えば、亀頭直下埋没法と呼ばれる方法の場合、ちょうど亀頭の部分の下の部分を切るためこの部分はとても目立ちにくいといえます。
ただこの方法は難しく、ある程度慣れている先生じゃないとできません。
そして料金が高くなるのが特徴ですが、この点をどのように考えるかです。
結果的に価値観によって変わってくるかもしれません。

キャンペーンなどで安くなっていることもある

仮性包茎手術の料金が気になる場合には、いくつか知っておきたい部分もあります。
それは、クリニックによってキャンペーンなどが行われているケースがあることです。
基本的にクリニックや病院のためあまり積極的にキャンペーンを行いませんが、ただやはりクリニック同士でも競争は存在します。
例えば、東京の渋谷区に仮性包茎の手術をしてくれるクリニックはいくつもありますが、当然病院といっても利益を確保しなければなりません。
利益を確保するためには、普段から腕前の良い先生になっておく事は絶対に必要です。
それだけでなく、時折クリニックの宣伝をしっかりとしなければいけないわけです。
この時の戦略の1つとして、キャンペーンを行うと言う方法があります。

キャンペーンは、様々なやり方がある中で、いずれにしても一時的に料金を安くする方法です。
例えば普段150,000円で手術をしていた場合、キャンペーン期間は100,000円あるいは120,000円位で手術をするわけです。
このようにすることで、一時的に患者さんが外から流れてくる可能性もあります。
そしてその時が宣伝をするチャンスと言えるでしょう。
多くの人にクリニックの存在を知らせることができた上に、もしそこできれいに包茎手術ができたとすれば評判が高くなります。
このようにして、患者さんを増やしていくわけです。

仮性包茎で保険が適用されるか

通常日本人は、健康保険に加入しているため何か身体に問題が生じて病院に通う場合、保険が適用されます。
保険は基本的に3割負担になり、7割は国が負担してくれるでしょう。
つまり本来10,000円かかる治療であっても、国が7000円ほど負担してくれることになり、患者は3000円だけ支払えば良いことになります。
このように、保険が適用されるかどうかで自分と支払う金額が違ってくるわけです。

この点、仮性包茎に保険が適用されるか問題になりますが基本的に仮性包茎に関してはまず保険は適用されないと考えてよいでしょう。
そもそも大前提として、保険が適用される場合その負担は国が負担するわけですがそのお金の負担のもとをたどれば国民の税金になります。
大きな怪我をした場合や風邪をひいた場合は、国民の税金を使って治療するのはやむを得ないと言えるわけです。
しかしながら、仮性包茎の場合は絶対に手術をしなければいけないわけではありません。
そして何かの病気になっているわけではないためまず保険が適用される事はありません。
いわゆる本人の審美の部分を評価するのにわざわざ国民の税金を使うのはおかしいことが理解できます。
ただ、何か炎症を起こしているなど病的な問題がある場合には例外的に保険が適用されやすくなることがあります。

まとめ

火星包茎の手術をするならば、その料金が気になるところでしょう。
安いところであれば、50,000円程度で手術をしてくれるところもあります。
しかし、安いところはツートンカラーになってしまうなどの問題も否定できません。
それならば、できるだけ高いお金を支払って手術をしたいと感じるわけですが、この場合には200,000円位のお金がかかるケースがあります。
もちろんその分だけ手術の痕等も目立ちにくいためそれなりの価値はあると言えるのです。

保険が適用されるか問題になりますが、基本的に仮性包茎の場合は保険が適用される事は滅多にありません。